中古医療機器の買取・販売ならクオンヘルスケアにおまかせください

よくあるご質問 English
qrcode

スマホ

簡単買取

詳しくはこちら

コラム

pen新着コラム
2023/01/24
医療機器はリースと購入どちらを選ぶべき?判断のポイントを解説

クリニックの開業には多額の資金が必要となるため、医療機器を購入するのかリースを利用するのかで迷う人は多いものです。
 

リースも購入も一長一短あるため、一概にどちらのほうが良いと言い切ることはできません。今回は、開業時に知っておきたい、医療機器のリース・購入のメリット・デメリットと、選ぶときの判断基準についてお伝えします
 

医療機器のリースとは?レンタルとの違い
 

リースとは、リース業者が製品を購入し、賃貸借契約を結んで中長期間ユーザーに貸し出すサービスを指します。

 

レンタルに近いサービスですが、リースは契約期間が中長期間である一方で、レンタルの契約期間は比較的短期です。また、リースではユーザーに保守・修繕義務がありますが、レンタルではレンタル会社が義務を負う点でも異なります。
 

医療機器をリースするメリット・デメリット
 

それではまず、医療機器をリースする場合のメリット・デメリットからみていきましょう。
 

リースのメリット
 

・初期費用を抑えられる

・会計処理が簡単

・新しい機器を導入・乗り換えしやすい
 

リースでは、毎月定額のリース料を支払います。初期費用は多少かかりますが、購入時ほどまとまったお金を用意する必要はありません。また、リース期間中、毎月出ていく金額が分かっているため、資金計画が立てやすいメリットもあります。
 

税金や保険といった手続き周りはリース会社が行ってくれるので、毎月の会計処理の手間も最小限に抑えられます。
 

契約期間が終わると、対象の医療機器を返却するのか、再リースするのか選ぶことになります。契約によっては、期間を短縮できたり、そのまま買取ができることも。処分方法や処分料を考える必要がないため、新しい医療機器を入れやすいという魅力もあります。
 

リースのデメリット
 

・支払い総額は高くなる

・途中解約できない

・特別仕様に変更できない

・税制上の優遇措置を受けられない
 

リース契約は借入よりも金利が高いため、長期的に使い続けると、購入するよりも支払う総額が高くなります。途中解約ができない契約も多く、解約する場合は違約金が発生してしまいます。
 

さらに、一般的な機器のみが対象になっており、特別仕様が必要な場合でも多くが変更できません。物によっては使いにくいと感じることもあるでしょう。
また、高額な医療機器を購入した場合、特別償却や税額控除といった優遇措置を受けられることがあります。しかし、リースの場合、長期的な支払い総額が高くなっても税の優遇措置は受けられません。


 

医療機器を購入するメリット・デメリット

 

医療機器を購入する場合、借入をするか融資を受けて資金調達を行うのが一般的です。
 

購入のメリット

 

・支払い総額を抑えられる

・税制上の優遇措置を受けられる

自己資金で一括購入する場合はもちろん、借入や融資を受けたとしてもリースよりも金利が低いため、支払い総額を抑えることができます。また、高額な医療機器を購入すれば、特別償却や税額控除を受けられます。

 

購入のデメリット
 

・初期費用としてまとまった金額が必要

・新しい機器の導入・乗り換えの負担が大きい

 

借入や融資で資金調達をして購入する場合でも、まとまった自己資金は必要です。また、数千万、数億円という高額な医療機器の購入にあたっては、借入額を増やす必要があり、開業時の負担とリスクが大きくなります。
 

新しい機器の導入や乗り換えの際にも、同様の負担とリスクを負うことになります。結果的に、十分な医療機器を揃えられず、事業の中長期的な運営や拡大に影響することが考えられるでしょう。
 

リースと購入はどちらを選ぶべきか


結論として、リースと購入のどちらを選ぶべきなのかはケースバイケースです。そのため、下記の3点について確認し、どちらが向いているのか検討しましょう。
 

どの程度の期間使う予定なのか
 

医療機器を購入した場合、初期費用の負担は大きいものの、長期的にみればリースよりも支払い総額を抑えることができます。よって、長く使える医療機器であれば、購入したほうがお得に導入できるといえます。

また、金融機関での借入や融資の場合、返済期間が10年などと長いため、ランニングコストを抑えられます。すべての医療機器をリースしてしまうと、リース料がかさみ、売上が芳しくない期間に経営が立ち行かなくなる可能性があるため要注意。
 

以上のことから、長期的に使うことが分かっている医療機器であれば、開業時は負担が大きくても、購入して将来のリスクに備えたほうが安定した経営ができるでしょう。


最先端の医療機器を使用したいか
 

最先端へのニーズが高い医療機器の場合、短期での入れ替えが必要となるため、リースのほうがお得に導入できるでしょう。
 

たとえば、CTやMRI、美容皮膚科で使われる機器は、最先端であることの魅力が大きく、患者もしっかりとチェックしています。初期投資でお金をかけて最先端が求められる医療機器を購入しても、患者を集めるために短期間で買い替えが必要になれば、大金が無駄になってしまいます。
 

モデルチェンジやアップデートが頻繁にある医療機器も同様に、長期的な使用が難しくなるため、リースが利用しやすいでしょう。

 

手元に現金があるか
 

経営を続けるうえで重要なのが現金です。黒字経営でも現金がなければキャッシュフローが回らず、事業は立ち行かなくなります。一方で、現金が手に入れば、赤字がつづいていても事業を継続することができます。とくに、保険診療を主体とする場合、入金されるのは請求から約2ヶ月後なので、運転資金が足りないと開院後すぐに資金ショートを起こすことになります。


そのため、運転資金を十分に残した状態で、現金に余裕があれば購入を選択するのがよいでしょう。一方で、開業資金に限りがあるという場合はリースの利用が向いています。場合によっては、一部を購入、一部をリースするなど柔軟な対応も必要です。
 

医療機器のリース・購入は長期的な視点から選ぼう
 

初めての開業では、常に手元に経営を続けられる現金を残しておき、出ていくお金を抑えることが重要です。ただし、全てをリースすると、ランニングコストがかかりすぎて、十分な収益が上がるまえに経営が厳しくなる可能性もあります。医療機器の種類や現金の残高によって、臨機応変に選択するのがおすすめです。

 

この記事の著者

株式会社クオンヘルスケア

株式会社クオンヘルスケアでは、MRIやCTなどの大型機器から内視鏡システム超音波診断装置までさまざまな中古医療機器を販売します。
本社所在地 〒590-0025
大阪府 堺市堺区向陵東町3-2-20
電話番号 072-276-4101
認可証 高度管理医療機器販売業・貸与業許可 
第 21N05051 号   

医療機器修理業許可
27BS200794

古物商許可 ( 大阪府 ) 
第 622080196260 号   

動物用管理医療機器等販売・貸与業届出 全省庁統一資格一般競争(指名競争) 発行番号:200713000037

産業廃棄物収集運搬業許可 
第02700216380号
◀ 前のコラム
〒590-0025
大阪府 堺市堺区向陵東町3-2-20
072-276-4101 平日:9:00 ~ 18:00

高度管理医療機器販売業・貸与業許可  第 21N05051 号    医療機器修理業許可 27BS200794

古物商許可 ( 大阪府 )  第 622080196260 号    動物用管理医療機器等販売・貸与業届出

全省庁統一資格一般競争(指名競争) 発行番号:200713000037

産業廃棄物収集運搬業許可  第02700216380号

square
facebook twitter