中古医療機器の買取・販売ならクオンヘルスケアにおまかせください

よくあるご質問 English
qrcode

スマホ

簡単買取

詳しくはこちら

コラム

2022/03/22
医療機器業界の現状|日本と世界の市場と将来性

医療機器の進化は、医療の発展に欠かせない要素です。現在日本は高齢化が進んでおり、医療機器の需要が高まっています。今後も高齢者の割合が増え、2065年には38.4%にもなると推計されており、医療機器の需要も増えることが予想されています。
 

医療機器とは?

 

そもそも医療機器とは、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(通称:薬機法)」の第2条第4項で定められた、下記の定義を満たす機械・器具を指します。

 

・人や動物の疾病の診断・治療・予防に用いられるもの

・身体の構造・機能に影響を与えることを目的としているもの

・政令で定められたもの

 

医療機器のクラス分類

 

日本の医療機器は、薬機法によって一般医療機器・管理医療機器・高度管理医療機器の3段階に分類されています。一方、国際的には、医療機器規制国際整合化会議GHTF (Global Harmonization Task Force) において定められた、4つのクラス分類が存在しています。日本では、この国際分類を一般医療機器・管理医療機器・高度管理医療機器に適用した4つの分類が厚生労働省から通知されています。

 

<医療機器のクラス分類>

国際クラス分類

薬機法上の分類

医療機器の例

クラスⅣ

 

高度管理医療機器

心臓ペースメーカー・人工弁・冠動脈ステント・吸収性縫合糸・人工乳房・冠動脈ステント

クラスⅢ

透析機器・人口呼吸器・放射線治療機器・人工骨頭・人工関節・胆管用ステント・体外式結石破砕装置・汎用輸液ポンプ

クラスⅡ

管理医療機器

心電計・脳波計・電子体温計・電子式血圧計・画像診断機器・電子内視鏡・歯科用合金

クラスⅠ

一般医療機器

体外診断用機器・医療用ピンセット・鋼製小物・ネブライザー・縫合針・X線フィルム・聴診器・水銀柱式血圧計

 

日本の医療機器の市場規模

 

令和2年の「経済産業省における医療・福祉機器産業政策について」によると、日本の医療機器市場は、2004年以降増加しており、2017年は過去最大の市場規模3兆円となりました。これは世界的にみても非常に大きく、日本はアメリカに次いで世界2位の市場を持つ国となっています。

 

医療機器は、大まかに診断機器・治療機器・その他の医療機器に分類されます。このうち、日本の市場規模の約60%を占めるのが治療機器、20%を占めるのが診断機器の分野です。

 

分類

医療機器の例

診断機器

内視鏡・超音波診断装置・X線撮影フィルム・体温計・血圧計・心電計・MRI・X線CT

治療機器

カテーテル・人工関節・人工骨・人工肺・心臓ペースメーカー・注射器

その他

コンタクトレンズ・歯科材料・手術用手袋

 

世界の医療機器市場

 

世界的にも医療機器の市場は拡大傾向にあります。2020年のグローバル市場は、約53兆円で、2030年には約87兆円にまで拡大するといわれています。日本国内でも、世界でも医療機器市場は非常に将来性があるといえるでしょう。

 

そのなかで、日系企業は、診断機器分野では一定の国際競争力を持っており、軟性内視鏡で約98%が、MRIで約31%、超音波画像診断装置で約24%の世界シェアを獲得しています。

 

一方、治療機器分野では国際競争力が弱く、欧米企業が世界シェアを占めている現状があります。2014年時点では、外資系企業が人工関節・腹膜透析装置・心調律管理装置で100%、放射線治療装置・ステントで約99%のシェアを持っています。世界2位の市場にも係わらず、医療機器の多くを輸入に頼っています。輸入額の増加は顕著で、2018年の貿易収支はマイナス9,529億円にも上ります。とくに、治療機器分野で、日本企業は海外企業に大きく遅れをとっているといえます。

 

国内の主な医療機器メーカー

世界の主な医療機器メーカー

・オリンパス株式会社

・テルモ株式会社

・ニプロ株式会社

・シスメックス株式会社

・日本光電工業株式会社

・フクダ電子株式会社

・オムロン株式会社

・コニカミノルタ株式会社

・株式会社メニコン

・株式会社島津製作所

・Medtronic

・Johnson & Johnson

・Abbott

・GE Healthcare

・BD

・Philips

・Siemens Healthineers

・Cardinal Health

・Stryker

・Baxter

・Boston Scientific

 

新型コロナウイルス感染症の流行による需要の変化

 

新型コロナウイルス感染症の影響によって、人工呼吸器や生体情報モニター、検査機器、デジタルヘルスなど一部の医療機器の需要が大きく増加しました。とくに、ソーシャルディスタンスが求められるなか、オンライン診療の実施を登録した医療機関が急拡大。それに伴い、デジタルイノベーションが本格化しています。

 

一方で、感染の拡大による患者数と手術件数の減少から、大型機器に対する需要は低下しています。経営状況が悪化している医療機関も増加したことは、医療機器市場にマイナスの影響を与えています。

 
◀ 前のコラム
次のコラム ▶
〒590-0025
大阪府 堺市堺区向陵東町3-2-20
072-276-4101 平日:9:00 ~ 18:00

高度管理医療機器販売業・貸与業許可  第 21N05051 号    医療機器修理業許可 27BS200794

古物商許可 ( 大阪府 )  第 622080196260 号    動物用管理医療機器等販売・貸与業届出

全省庁統一資格一般競争(指名競争) 発行番号:200713000037

産業廃棄物収集運搬業許可  第02700216380号

square
facebook twitter